スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタランサス出産しました

ホワイトシェパード出産

2014/12/27
♂4♀2
丸々とした子犬が生まれました。

出産後は母親の愛情をたっぷりと受けるように、できるだけ母親任せです。
犬の社会性は、生まれたときから始まっていて、一心に母親のぬくもりや心音、スキンシップをとりながら、体も心も順調に成長していくんですね。もうしばらくすると、今度は人間の社会性も身につけさせていきます。
ここら辺のことは、当犬舎だけの知識ですので、秘密ですが、
より人間社会に溶け込んでいくことができるように、しっかりと犬の社会性と人間の社会性を身につけさせていきます。

人を気にせず、こうやってのんびりと過ごしています。

母犬も落ち着きましたので、見学はいつでも可能です。気軽にお問い合わせください。



お問い合わせはホワイトシェパード販売サイトへ
スポンサーサイト

クラリス

ホワイトシェパードクラリス2

ロングコートのホワイトシェパードで、体躯構成の良い母犬です。抜群のスタイルをしており、子供にその良い影響を与えることができます。腰が低くバランスの良い体型をしており、父の良さも引き出してくれる子です。

どの父親とも相性が良く、バランスを崩さない体躯構成の子を多く輩出しています。

ホワイトシェパードクラリス1
性格がとても良く、非常に明るい子で、子供達もこの子から育てられますので、明るく元気な子になっています。

ムーンフェイスが出産しました。

ホワイトシェパードの出産情報

2014/12/18
♂2
丸々とした子犬が生まれました。

今回二頭のみでしたので、出産時にあまりの大きさに頭しか出てこず、出産を手伝いまして、無事元気な男の子が生まれました。
現在、余裕を持って育てていますので、このままずっと母犬がお世話をしながら、人間の社会性を身につけるべく、すでに犬の社会化・人間への社会化を開始しています。

前回同様、実績のあるランドーネが父親となります。

ムーンフェイス(呼び名:陽向~ヒナタ~)の父はサパーソニック(呼び名:ラオウ)、母モネ(呼び名:エクシー)で、父にも似ず、母にも似ていない子なのですが、
ランドーネ(呼び名:九喇嘛~クラマ~)との組み合わせで、ラオウ、エクシーに良く似ている子が生まれました。
今回は、男の子二人ですので、成長が楽しみです。・・・といいましても、生まれた時点で、ラオウにそっくりな子を確認しました。
長年見ていますので、どんな風に育っていくのか、解るんですよね。

前年の11月、ヒナタの母であり、私の特別な存在であったエクシーが旅立ち、忘れ形見のヒナタもそうですが、その子供達には、相当な想いを込めて、育成していきます。

エクシーにひょっとしたらまた逢えるかな・・・・ってね。

気になるかたがいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはホワイトシェパード販売サイトへ

ランドーネ&カーリカーパの男の子

クラマの息子

ホワイトシェパードの子犬


父:Supper Randone
母:Callicarpa

誕生日:2014年7月18日
性別:♂
価格:350,000円(税別)
ワクチン:4回接種済み(ワクチン代金2本ぶん15000円)
マイクロチップ埋込み済み

オーナー様決定(兵庫県)


被毛・体のバランス、そして顔立ち。
当犬舎が最も望んでいるモノを持っている男の子。
バランスの良い体躯構成が、ホワイトシェパード販売サイトのトップを飾っているソニックにそっくりな子です。

被毛の長さや量を含め、抜群の子。今後の成長がとても楽しみです。
ようやくここまでたどり着いたと断言できるホワイトシェパードで、画像をご覧いただけばお解りの通り、耳と耳の間隔がとても狭く格好の良い子です。
祖父グランディの耳の形状が表れておりますが、なぜかソニックを思い出してしまうほど、似ています。

性格がとても良く、明るく元気な子です。とにかく元気いっぱいですが、人が大好きな表れであり、その喜びを現すとき、元気いっぱいさが出てくる子で、抱きしめると満足して足に体を寄せて幸せそうに過ごしています。
落ち着きもありますので、だんだんと穏やかな子に育つことでしょう。
画像の表情をご覧ください。子犬とは思えないほど、大人びた表情をしているでしょ。
順調に犬の社会性と人間の社会性を学んでいます。

お問い合わせはホワイトシェパード販売サイトへ

ソニック輩出に期待~カーリカーパ~

正統派ホワイトシェパード

ビューティフルレディラインの子です。呼び名はメイ。ご存じマンガから。

グランディとビューティフルとの間に生まれた子で、九喇嘛との交配で出産しましたところ、将来ソニックに似てくるって子をね、輩出してくれたんです。

メイの母親ビューティフルは、スタイルが良く、当初から期待していただけに、その子も見事期待に応えてくれました。
見た感じでは、父グランディに似ているところがあるんですが、ビューティフルの良さをしっかりと受け継いでいます。
とにかくボールが好きで、おそらく犬舎で一番ボールが好きで瞬発力と反応が早いため、他の子達とボールの取り合いで、獲得する回数が抜き出ている子です。

反応がとにかく早いんですね。

子供達も元気が良い。とにかく元気が良い。
しかし、持って生まれた性格は両親とは違い、伸び伸びとして非常に明るい。
スタイルも良く、両親を抜いています。

何を隠そう、父親の紹介で画像を貼っている子が、この子の子供なんです。
是非、父親紹介のチェックを!

犬舎ナンバーワン~アロー~

犬舎ナンバーワンのホワイトシェパード

人気の高さは、ナンバーワン。ヴァイスとは違って、自ら人を引き寄せてしまいます。
この男に心を奪われる方がほとんどです。
アニマルセラピーでも、大活躍している子で、とにかく人との触れあいが大好きで大好きで、どうしようもないくらい。

すでにほぼ引退かな・・・と思いますので、画像は1枚きりにしますが、とにかく人が大好き、海が大好き、ドライブ大好き、どこに行っても大好きという、ウチのボスです。

とても優しいんですね。その優しさと常に人に触れあいたいという性格が、見学に来られた方の心を鷲掴みにしてしまう看板男です。

呼び名はトキといいます。そうです、あのマンガのトキです。
マンガ同様、心優しい子です。

元祖オオカミ顔血統~ヴァイス~

オオカミ顔のホワイトシェパード
この子にね・・・完全に惚れてしまいました。
心の成長と体の成長を共に遂げた男らしさってね、もうね惚れるしかないんですね。
顔がもっとも恐ろしい子なのですが、それが性格とのギャップをよりいっそう生んでね、大変人気が高い父なんですね。

なので、本当の恐ろしい表情は使いたくなくて、
野生的なホワイトシェパード
こういった画像で販売サイトで紹介していますが、
この子はとても人気が高いんですね。顔立ちがその存在感をさらに増しているんですね。
オオカミ顔ホワイトシェパードの祖となったナイスレディの娘、ブリティッシュレディの息子となります。

ナイスレディの面影を求めて、改良をしているオオカミ顔血統。
ルプスとは異なるのですが、この顔立ちもウチならではのホワイトシェパードなんですね。
同じオオカミ顔でも、タイプがさらに異なり、大変幅のある迫力を増す子を輩出しています。
いわゆるB系ホワイトシェパードと呼んでいた血統をそのままの路線で保存している顔立ちで、存在感がとにかく凄すぎる子です。
人が集まってくる。とにかく人が集まるんですね。
ナイスレディも良く言われていた高貴さを感じる父犬で、神社で祀られるように、オオカミを畏れ敬う日本人ならではの感覚が、そうさせるのでしょう。
圧倒されて・・でも引き寄せられ、そして触れあったとき、初めて笑顔がでるくらい、恐い顔をしています。
ですが、この子の人が大好きな性格がね、触る人に笑顔を提供するんですよね。
ですので圧倒的に一番写真を撮られる子です。

ホワイトシェパードのゼット

そしてこの子が、ヴァイスの息子。
父から完全に受け継いでいる圧倒的存在感を持つ子で、体躯構成を改良して、そのままの野生味を帯びたまま、B系を継承させたジャーマンらしいホワイトシェパードです。

親子三代にわたって頭の幅があり、その顔・体の大きさが、圧倒的迫力を作り上げているんですね。

ウチにしか存在しないタイプってお解りいただけますよね。
B系ホワイトシェパード
そしてこの子は娘。
父からしっかりと野生味を帯びたオオカミ顔を継承しており、まだまだ若い子なのですが、見た目がとても美しいんですね。
父に似てとても元気者です。顔が恐いので、この子も面白い顔を掲載しました。
ホワイトシェパードヴァイス
とりあえず、かわいそうなので、まともな画像も用意しました。
こんな感じで、表情がとても豊かなんですね、こちらのオオカミ血統は。

ソニックを求めて~サパーランドーネ~

正統派のホワイトシェパード

販売サイトのトップを飾っている子いるでしょ、あの子のような子を作り上げたい。っていう思いがありまして、それでランドーネを・・・・・・私、血統書が出来上がってこの子・・・・クラマって言うんですが、見てみると・・・・。

ランドーネ??女の子じゃないか・・ってね、驚いた・・・。

サパーランドルフのはずが・・・・、頼んでおいた人がね、ネットから綴りをコピペしてね・・・間違ってそうなってしまった父犬なんですね。

クラマ・・・正式には九喇嘛っていうんですが、そうです、あのマンガから名付けました。
有名なマンガから名付けること多いんですね。だって愛されるわけですよね。
そうやって名付けている。マンガのような子に育てって。

ちなみに、ソニックの呼び名はラオウと言います。
その名の通りになってしまい・・・。
ですから、そんなことがないようにね、名付けたんですね。マンガも終わりましたしね。

この子の売りは何と言っても、体躯バランスの良さにあります。

ソニックから四世代目の直仔です。ようやくソニックのようにバランスが良く腰が落ちた子を輩出できるようになりました。
そしてもちろんソニックに不足していた部位もね、徹底的に改良しました。
ソニックタイプと呼ぶには、まだまだこれからですが、顔立ちもソニックに近づいた子が、この子の子供から輩出しだしています。

ホワイトシェパード九喇嘛

実際はこんな感じの可愛い子です。
甘えん坊で、それがまた可愛いんですね。大変幅があり、そしてそこらへんにいるホワイトシェパード特有の胴長足長ではないソニックタイプの子で、今後、更に改良を加えていき、顔立ちを変えていくのですが、
可愛いんですよね~・・・。
ウチでは、胴が詰まっていて、そして短足で腰が落ちたジャーマンらしいタイプの改良をおこなっていますので、この父犬を用いて、ホワイトシェパードはジャーマンだってはっきり解るような子供達が、この子から輩出していきますので、ご期待を。

ホワイトシェパードはジャーマンシェパード

体躯バランスが良いでしょ。そして特筆すべきは、前駆の造りにあります。
前足が体の後ろのほうにくっついて見えますよね。
これが、ホワイトシェパードらしくない、ジャーマンらしい造りなんですね。
鳩胸に見えるタイプが、ホワイトシェパードにはちっともいなかったんですね。
それでジャーマンやっている方々からね、馬鹿にされ続けていた。ホワイトシェパードはただ珍しい犬種であり、ジャーマンシェパードのような犬じゃない・・ってね。

足が長い。胴が長い。前駆の造りがまったくなっていない!
バランスがバラバラだってね、馬鹿にされていたんですね。
それをね、長年かかって遂にこのレベルまで改良していったんですね。
するとね、そんなこと言っていた人たちが、ホワイトってここまでバランス良かったか?
自分が知っているホワイトは、こうも良くないぞってね、チラホラ聞くようになってきたんですね。

そうなんです。そういった批判する人たちがいたからこそ、私のこだわりに火が付いて、徹底した改良をほどこしていけたんですね。
ありがたいことです。

クラマの息子

そしてこの子が、九喇嘛の息子。
あと数日で巣立ってしまうんですが・・・。

こうやってね、人との付き合い方を一緒に教えている。お引き渡しを長めにとっていただけましたので、こうやってできる限りのことは理解させていっているんですね。

とにかく可愛い・・・・数日後の巣立ちが悲しい・・。

というくらい、惚れ込んでいる男の子です。

父よりもソニックに完全に近づいていっている子で、父を抜いている体躯構成をしています。
何よりコートがソニックそのものなんですね。
これが改良にこだわったウチならではの成果なんですね。
母犬となる台雌の改良から始まって、どのように数世代にわたり改良していくかを考えて、ようやく完成に近づきつつあるタイプの子になります。

オオカミ顔のホワイトシェパード~ルプス~

オオカミ顔のホワイトシェパード

当犬舎ナンバーワンを誇るオオカミ顔のホワイトシェパード。
「ルプス」
呼び名はゼファーと言います。そう!あのバイクの名前と一緒なんですね。
当犬舎がこだわって改良を加えている血統で、B系と呼んでいた血統の最新改良版です。
目の色素の薄さ。鼻・目の周りの黒の色素と真っ白のコートのコントラストの美しさ。
額の狭さ。そして耳の形状。
もちろん、全体のバランスも考慮して改良をした父犬なんですね。

ホワイトシェパードのルプス

この額の狭と耳の付け根から先細りする耳先にもこだわって改良を続けたんですね。
これこそまさに当犬舎にしか存在しないオオカミ顔で野生度満点のホワイトシェパードです。
原産国の米国(スイスは実際違うんですよ~)のかたからも、このようなホワイトシェパードは米国にいないって大絶賛された子です。
クール!クール!ホワイトシェパードを飼っている米国人からも、クールってね、そう言われるほど、ホワイトシェパードには見えない顔立ちをしている子なんですね。

何犬か解らないけど、体型がシェパードみたいに見えるけど、何犬ですか?
あ!やっぱりシェパードだったんですか。
ってね、よく言われるくらい、体つきはジャーマンらしくなってきています。

すでにこの子の子たちは存在するんですが、かなり強く遺伝するように、母犬も改良をした子がいまして、その二人の子供ってね、クール!
美しい顔立ちの子ばかり生まれているんですね。

オオカミ顔のホワイトシェパードから生まれてきた子供

この子がルプスの子。
ホワイトシェパードって、額がまるい子ばかりなんですね。
そして子犬のように額が広い。
しかし、この女の子を見ると、お解りいただけるはず。
ルプス同様マズルと額が一直線で、額がとても狭いですよね。
面長でとても格好良い子です。
女の子でこうですから、男の子になると・・・・相当な迫力がでるんですね。
生後数ヶ月でこの顔立ちでしょ、今からもっと野生味を帯びた顔立ちになるんですね。

長年かかってB系の立て直しから改良まで、ようやくここまでたどり着いた血統です。

この子は、更に改良して、目の大きさとかにも、細部ですね、こだわりぬいて改良した子なんですね。

余所にはいない!!!はっきりと断言します。それくらいホワイトシェパードの中では、まるっきり別次元の顔立ちをした子です。

オオカミ顔のホワイトシェパード

ちなみに、この子は息子です。オオカミ顔度が凄いでしょ?

はじめに

1:徹底して社会性を身につけさせる。
当犬舎では、生後2ヶ月程度の子犬を販売しておりません。

「犬の社会性」「人間の社会性」を重視し、犬として生きていくために必要な、犬の道徳を身につけた子犬を販売しています。
ワクチン接種にもこだわりがあり、当犬舎では4本の接種をやっており、最低でも生後4ヶ月以降となります。
その間、子犬たちは多くの成犬・若犬がいる群れの中で生活をさせています。

繁殖犬は、すべて自らの手によって子育てできる犬のみで群れを構成しており、
「犬の社会性不足」による育児拒否・子殺しをする犬は一切いません。
よくニュースで人を殺した大型犬など放送されていますが、それは犬の社会性を無視した販売をやっているブリーダー・ペットショップのお陰で、そのような事件が起こっているのです。

当犬舎は、一切そのようなことがないよう、徹底した犬の社会性と人間の社会性を重視した育成をおこなっています。

これによって、子犬たちは犬として生きていくために必要な犬の社会性を身につけるまでは、販売しておらず、そのため、月齢がすすんだ子犬・若犬の販売となっております。

犬の社会性を身につけていない犬と身につけた犬の差は、歴然としており、それは認識力の違いに表れています。

犬の社会性・人間の社会性を身につけた子犬は、その目に表れています。
それは販売サイトなどに掲載している画像などをご覧いただくと、よくお解りになるはずです。
表情が生き生きとしており、目に緊張が入っておらず生き生きとした表情を浮かべていることで、納得いただけるはずです。

2:ホワイトシェパードの改良
当犬舎は、おそらく国内最大の頭数を誇る繁殖犬を保有しております。
それは、犬の社会性を身につけさせるという理由もありますが、ホワイトシェパードの改良を目的として、
主に3タイプの改良を進めています。
ご覧いただくとお解りになるかと思いますが、ホワイトシェパードの顔立ちやスタイルなどに、その違いが現れています。
野生味を増した顔立ちを持つタイプ。シェパードらしく腰を落としているタイプ。それと、販売サイトのトップを飾っている圧倒的な存在感を持ったソニックタイプ。この三つのタイプをメインに改良を施しており、そのため、余所には見ることの出来ないホワイトシェパードになります。
洗練された顔立ちは、長年の改良によって手に入れた当犬舎でしか存在しないタイプのホワイトシェパードとなります。

そのため、当犬舎のホワイトシェパードは、海外のかたからも人気が高く、「このようなホワイトシェパードは見たことが無い」といわれるほど、徹底してこだわった改良をおこなっております。

それは、販売サイトなどに掲載している画像をご覧いただければお解りになります。



3:フードのこだわり。
質の高い原材料を用いて、犬のために作り上げたフードを使用しております。
「オリジン」「アカナ」を製造しているカナダ政府と共同開発したメーカーのものを使用しております。

ブリーダーといえば、もっともコストのかかるのがフードです。
一般的には、質の悪いコストを重視した安価なフードを与えています。そしてもっともらしい理由をつけていますが、ただ単にコストを重視し、金儲けのための犬の生産をしているだけなのです。

当犬舎では、もっとも重視しているものに、フードに対してのこだわりもあり、安価なドライフードを使用してはいません。
長生きして欲しいから・・・。
繁殖犬とはいえ、繁殖から引退しても、決して処分せず、引退後はずっと側で過ごし、第二の人生を送っています。
「犬には人と同じ心を持っている」
だからこそ、質の高いフードを使用して、できるだけ長生きして欲しいと願っております。
人も同様ですが、基本は食にあるのです。
ですから、かなりコストはかかりますが、高価なフードを使用して育成に心がけております。

4:愛犬は飼い主の心を映す鏡である
当犬舎では、ご見学時、必ずホワイトシェパードの群れの中で、実際に触れあっていただいています。
余所では決して見ることの出来ない見学方法です。
数多くいる群れの全員と触れあうことができるのは、「犬の心を育てる」ことを大切に思っており、
家族として犬の心を育てているからです。

「目が優しい」

いきなり柵の中に入れられてしまった見学の方々は、最初圧倒されながらも、結局は群れの中で時間を忘れて触れあっていらっしゃいます。

そこでよく言われるのが、「どの子も目が優しい」というコメントです。

何が違うのか。それは、犬を犬として扱ってない、心と心の付き合いと大切にしているからなのです。

今までの「犬の育て方」は間違っている!

という、当犬舎の犬を育てるブログをご覧いただけるとお解りになるかと思いますが、
愛犬との充実した生活が送れるよう、販売後もアドバイス等をおこなっており、ここが余所とはまるっきり異なるところでもあります。
犬舎名Alwayshereは、「いつもここにいるよ」という意味を込めて名付けたものです。
いつもそばで心を感じ取って幸せに、そして共に生きていく喜びを是非実感していただきたく、訓練など、支配を求めるやり方ではなく、共に気持ちを理解し合う育て方をアドバイスしております。
お悩みはすぐにご相談ください。
プロフィール

alwayhere

Author:alwayhere
ホワイトシェパード子犬販売ブログです。最新の情報をいち早くお届けします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
当犬舎お薦め

【送料無料】ドッグフード オリジンオリジン アダルト13kg【穀物不使用】【犬用ドライフード】【総合栄養食】

価格:22,140円
(2015/1/24 21:04時点)
感想(0件)

リンク
当犬舎お薦め

【送料無料】ドッグフード オリジンオリジン アダルト13kg【穀物不使用】【犬用ドライフード】【総合栄養食】

価格:22,140円
(2015/1/24 21:04時点)
感想(0件)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。